こちらの記事を参考に
swiftを使ってコマンドラインツールを作ってみました。

./main.swift ~/sample.png

@3x画像サイズのリソースを引数に渡すことで、iOS画像リソース用の各サムネイルが生成されます。

swiftをコマンドラインで実行する際のtips

引数を受け取る

Process.argumentsでコマンドライン引数を受け取ることができます。

let filename: String = Process.arguments[1]   
print(filename)

とすると

$./main.swift ~/sample.png    
~/sample.png

という風になります。

exitする

exit(EXIT_SUCCESS)
exit(EXIT_FAILURE)

で処理をexitすることができます。

まとめ

  • よりswiftを身近に使える+コマンドラインからOS XのAPI触れるの楽しと思います。
  • 業務レベルで採用するときは開発環境などの検討事項は多そうな気がします。

ref Swift2で作るコマンドラインツール