最近、Rustを勉強しています。Rust Bookをあらかた読み終わった後、
O’REILLYでRustのチュートリアル動画などを読んだり、 Let’s build a browser engineでRustで書かれたコードを読んでTSに書き直したりしています。

今回は簡単にRustでFibonacciを書いてみようと思います。
素直に書くと下記のようになり、計算量はO(2^n)です。

const FIB_ZERO: u64 = 1;
const FIB_ONE: u64 = 1;

fn fib(n: u64) -> u64 {
    if n == 0 {
        FIB_ZERO
    } else if n == 1 {
        FIB_ONE
    } else {
        fib(n - 1) + fib(n - 2)
    }
}

fn main() {
    for i in 0..50 {
        println!("{} {}", i, fib(i));
    }
}

これを、HashMapを利用して、メモ化するように書き直してみます。
こちらの実装では、計算量をO(n)にすることができます。

use std::collections::HashMap;

fn fib_with_hash(n: u64, map: &mut HashMap<u64, u64>) -> u64 {
    match n {
        0 | 1 => 1,
        n => {
            if map.contains_key(&n) {
                *map.get(&n).unwrap()
            } else {
                let val = fib(n - 1, map) + fib(n - 2, map);
                map.insert(n, val);
                val
            }
        }
    }
}

criterionを使ってベンチーマックを取ってみます。

fib                     time:   [3.9633 ms 3.9882 ms 4.0144 ms]
                        change: [+32.973% +34.683% +36.571%] (p = 0.00 < 0.05)
fib with hash           time:   [61.156 us 61.767 us 62.405 us]
                        change: [+6.5985% +11.279% +15.608%] (p = 0.00 < 0.05)

Timeでみると61.1us VS 3.9msなので63倍近い差が出ました。
Rust関係ないブログになってしまいましたが、引き続きRustを使っていきたいなと。

参考