Outletのレイアウトを初期化する際にviewDidLoadやinit処理で行うことが多いかもしれませんが、
Swiftの場合ストアドプロパティ(lazy stored property以外)には
didSet/willSetのProperty observersが用意されているので
こちらを使って、Oultetのスタイルを初期化することも可能です。

例えば、下記のような実装をしたCustomViewがあったとして、

import UIKit

class CustomView: UIView {
    @IBOutlet weak var backgroundView: UIView! 
    @IBOutlet weak var label: UILabel! 
    @IBOutlet weak var button: UIButton! 

    override init(frame: CGRect) {
        super.init(frame: frame)
 	configureLayouts()
    }
    
    required init?(coder aDecoder: NSCoder) {
        super.init(coder: aDecoder)
 	configureLayouts()
    }

    private configureLayouts() {
        backgroundView.backgroundColor = UIColor.blackColor()
        label.textColor = UIColor.blackColor()
        button.selected = true
    }	
}

didSetにレイアウトの初期化を追加すると下記のように変更できます。

import UIKit

class CustomView: UIView {
    @IBOutlet weak var backgroundView: UIView! {
        didSet {
            backgroundView.backgroundColor = UIColor.blackColor()
        }
    }
    @IBOutlet weak var label: UILabel! {
        didSet {
            label.textColor = UIColor.blackColor()
        }
    }
    @IBOutlet weak var button: UIButton! {
        didSet {
            button.selected = true
        }
    }
    
    override init(frame: CGRect) {
        super.init(frame: frame)
    }
    
    required init?(coder aDecoder: NSCoder) {
        super.init(coder: aDecoder)
    }
}

didSetを利用すると各Outlet単位で初期化処理の見通しがよくなるかと思います。

ref: iOS: A Beautiful Way of Styling IBOutlets in Swift